[Rancid] Matt Freeman(マット・フリーマン)の使用機材まとめ

スカから影響を受けた轟音パンクロックサウンドを奏でるバンドRancid(ランシド)。

2019年のサマーソニックにも出演しました。

今回はRancid(ランシド)のベーシスト、Matt Freeman(マット・フリーマン)氏のプロフィールと使用しているベース、アンプ、エフェクターを紹介します。

[Rancid] Matt Freeman(マット・フリーマン)のプロフィール

  • 名前: Matt Freeman
  • 読み方: マット・フリーマン
  • 生年月日: 1966年4月23日

Matt Freeman(マット・フリーマン)氏はアメリカ合衆国カリフォルニア州出身のベーシストです。

パンクロックでは珍しいコードトーンやスケールノートを使用した動くベースラインが特徴です。

The WhoのベーシストJohn Entwistle氏から大きな影響を受けているとインタビューで語っています。

[Rancid] Matt Freeman(マット・フリーマン)の使用機材

[Rancid] Matt Freeman(マット・フリーマン)の使用機材:ベース

Fender Precision Bass

この画像には alt 属性が指定されていません

プレシジョンベースは、太く、男らしいサウンドが特徴のベースです。

同社のジャズベースと共に、エレクトリックベースのスタンダードとして現在でも多くのアーティストに使用され続けています。

Matt Freeman(マット・フリーマン)氏は1962年製と1977年製のモデルを使用しています。

Fender Jazz Bass

この画像には alt 属性が指定されていません

ジャズベースはフェンダーが1960年から販売を開始したエレキベースです。

ピックアップが2基搭載されており、幅広いサウンドメイクが可能で現在でもオールジャンルに対応できるモデルです。

Matt Freeman(マット・フリーマン)氏は1978年製のモデルを使用しています。

Rickenbacker 4003

Rickenbacker 4003は、ポールマッカートニー氏の使用でも有名なモデルです。

独特なルックスと、ゴリっとした芯の強いサウンドが特徴です。

[Rancid] Matt Freeman(マット・フリーマン)の使用機材:アンプ

Fender Super Bassman Pro

Fender Super Bassman Proは名機Fender Bassmanをベースにした2ch仕様のベース用アンプヘッドです。

煌びやかなヴィンテージサウンドを生み出します。

Fender TB-1200

Fender TB-1200は1200wの強力なパワーを持つベース用アンプヘッドです。

楽器本来のサウンドを大切にしたサウンドを出力します。

Darkglass Microtubes 900

Darkglass Microtubes 900はオールドスクールなチューブサウンドから、モダンなラウド系のディストーションサウンドまでカバーするベース用アンプヘッドです。

大出力かつ多機能で、世界中で人気が高まり続けています。

【900W】Darkglass Electronics Microtubes 900 新品 ベース用アンプヘッド[ダークグラスエレクトロニクス][マイクロチューブズ][Bass Amplifier Head]

[Rancid] Matt Freeman(マット・フリーマン)の使用機材:エフェクター

AVALON DESIGN U5

AVALON DESIGN U5は、パッシヴトーンセレクタとゲインプリアンプとフィルタを兼ね備えた高電圧DI/プリアンプです。

ベース以外にもエレアコ、ウクレレなどにも使用できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事が参考になれば幸いです。