[Metallica] Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)の使用機材まとめ

スラッシュメタル四天王のバンドの一つ[Metallica](メタリカ)。

メタルバンドのトップに君臨するバンドです。

今回は[Metallica](メタリカ)のベーシスト、Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)氏のプロフィールと使用しているベース、アンプ、エフェクターを紹介します。

[Metallica] Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)のプロフィール

  • 名前: Robert Trujillo
  • 読み方: ロバート・トゥルージロ
  • 生年月日: 1964年10月23日

Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)氏はアメリカ合衆国カリフォルニア州出身のベーシストです。

高速の2フィンガー奏法が特徴でテンポの速い曲にも対応します。

幼少期から母の影響でファンクミュージックを中心にした音楽に囲まれて育ちました。

オジーオズボーンのベーシストとしても有名です。

[Metallica] Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)の使用機材

[Metallica] Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)の使用機材:ベース

Warwick Streamer

Warwickはドイツのベースブランドです。

人間工学に基づいて作られたボディシェイプは、圧倒的な弾きやすさを持ちます。

Warwick Robert Trujillo Streamer

Warwick Robert Trujillo StreamerはRobert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)氏のシグネチャーモデルのエレキベースです。

ストリーマーをベースにピックアップはEMGのJJをマウントしています。

Zon Sonus

ZONはニューヨークに工房を構えるハイエンドベースブランドです。

ZONのベースは非常にレスポンスが良く、取り回しの良さも特徴です。

Aria Pro II Cliff Burton Signature Bass

Aria Pro II Cliff Burton Signature Bassはメタリカの初期メンバーCliff Burton氏のシグネチャーモデルのエレキベースです。

ラウドなサウンドに適したパワーのあるサウンドが特徴です。

Fender Precision Bass

プレシジョンベースはフェンダーが1951年から販売を開始したエレキベースです。

男らしく太いサウンドが特徴で、ジャズからメタルまで様々なジャンルで愛され続けるモデルです。

Fender Jazz Bass

ジャズベースはフェンダーが1960年から販売を開始したエレキベースです。

シングルコイルのピックアップを2基搭載しており、幅広いサウンドメイクが可能でオールジャンルに対応できるモデルです。

Gibson Thunderbird

Gibson Thunderbirdは独特なルックスと力強いサウンドが特徴のエレキベースです。

スルーネック構造でハイポジションでの演奏性も高いモデルです。

Rickenbacker 4003

Rickenbacker 4003は、ポールマッカートニー氏の使用でも有名なモデルです。

独特なルックスと、ゴリっとした芯の強いサウンドが特徴です。

MusicMan StingRay

MusicMan StingRayはジャズベース、プレシジョンベースと並ぶ定番のエレキベースです。

ハムバッカーを搭載しており、パワーのあるサウンドが特徴です。

Godin A5

Godin A5は暖かみのあるサウンドが特徴のアコースティックベースです。

ボディ厚が薄くエレキベースからの持ち替えもスムーズに行うことができます。

[Metallica] Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)の使用機材:アンプ

AMPEG SVT-CL

AMPEG SVT-CLは、パワフル且つ深みのあるサウンドが特徴のベース用アンプヘッドです。

扱いやすいEQで、直感的に音作りを行うことが可能です。

Ampeg SVT-2PRO

Ampeg SVT-2PROは伝統的なAmpegサウンドをベースにしながらも、最新鋭の技術を投入したモダンなサウンドが特徴です。

現在は残念ながら生産が終了しているモデルですが、様々なアーティストに愛用され続けています。

[Metallica] Robert Trujillo(ロバート・トゥルージロ)の使用機材:エフェクター

MXR M-80 Bass D.I. +

MXR M-80 Bass D.I. +はTECH21 Bass Driver DIと共に定番機種といわれるベースプリアンプです。

TECH21 Bass Driver DIは比較的荒々しいロック向きですが、MXR M-80 Bass D.I. + はオールジャンルに対応できるプリアンプです。

MXR Custom Audio Electronics BOOST/LINE DRIVER

MXR CAJ MC-401 BOOST/LINE DRIVERはMXRとCustom Audio Electronicsのコラボレーションにより生まれたブースターエフェクターです。

原音にほとんど影響を与えないクリーンなブーストが特徴です。

MXR Custom Audio Electronics Boost/Overdrive

MXR Custom Audio Electronics Boost/OverdriveはMXRとCustom Audio Electronicsのコラボレーションにより生まれたオーバードライブエフェクターです。

クラシックなオーバードライブと独立したクリーンブーストを一つのペダルにまとめたモデルです。

MXR M134 Stereo Chorus

MXR M134 Stereo Chorusは18vで駆動するコーラスエフェクターです。

高音域のみにコーラスをかけることも可能なモデルです。

MXR 10 BAND GRAPHIC EQ

MXR 10 BAND GRAPHIC EQは10バンドのグラフィックイコライザーです。

12dBのカットとブーストが可能で、かなり細かく設定することができます。

JIM DUNLOP 105Q Crybaby Bass Wah

JIM DUNLOP 105Q Crybaby Bass Wahはベース用にチューニングされたワウペダルです。

足を離すことで自動でバイパスする機能を搭載しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事が参考になれば幸いです。