FRIEDMANのギターアンプの特徴 おすすめモデルまとめ

長年にわたりトップアーティストをサポートしてきたDavid Friedman氏が創設したアンプブランド「FRIEDMAN」(フリードマン)。

ハイクオリティなドライブサウンドで国内外のアーティストに人気のアンプブランドです。

今回は「FRIEDMAN」(フリードマン)のアンプの特徴とおすすめのモデルを紹介します。

FRIEDMAN(フリードマン)のギターアンプの特徴

「FRIEDMAN」(フリードマン)は改造マーシャル系をもとにスタートさせたアンプブランドです。

Marshall系の鋭いエッジの効いたサウンドですが、より扱いやすく、モダンなサウンドに昇華しています。

創設から一貫して手作業で製作され続けています。

FRIEDMAN(フリードマン)のギターアンプ おすすめのモデル

FRIEDMAN BE-100

FRIEDMAN BE-100はFRIEDMANのアンプヘッドの中でも人気の高いモデルです。

1980年代のMarshallのサウンドをモデルにしたハイゲインクランチサウンドが国内外のアーティストから高い評価を得ています。

FRIEDMAN RUNT 50

FRIEDMAN RUNT 50はファットでレスポンスの早いサウンドが特徴のギター用アンプヘッドです。

深みのあるクリーン・トーンから、深い歪みに至るまで完璧なバランスのトーンを生み出します。

FRIEDMAN The Pink Taco Custom Mod

FRIEDMAN The Pink Taco Custom ModはMarshall 1959をモデルにしたギター用アンプヘッドです。

BE-100をモデルにしながらもコンパクトなサイズを実現したモデルです。

シンプルなコントロールながら本格的なブラウンサウンドを生み出します。

FRIEDMAN JJ-100

FRIEDMAN JJ-100は「アリス・イン・チェインズ」のジェリー・カントレル氏のシグネチャーモデルのギター用アンプヘッドです。

きめの細かい美しくも攻撃的なドライブサウンドが特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「FRIEDMAN」(フリードマン)は改造Marshall系ブランドの中でも最高峰との呼び声高いギターアンプブランドです。

ハイクオリティなサウンドと頑丈さで多くのアーティストが使用しています。

ぜひ「FRIEDMAN」(フリードマン)のギターアンプを試してみてください。