ZT Ampのギターアンプの特徴 おすすめモデルまとめ

2008年に創立された小型でシンプルな構造が特徴のアンプ、「ZT Amp」。

同社の『Lunchbox Jr.』は主にジャズギタリストから高い人気を誇ります。

今回は「ZT Amp」のアンプの特徴と、おすすめのモデルを紹介します。

ZT Ampのギターアンプの特徴

「ZT Amp」はロックバンドSonic Youthのギタリストとしても有名なLee Ranaldo氏の使用でも有名です。

軽量でコンパクトなサイズからは想像もできない大出力のビンテージサウンドを生み出します。

最上級グレードのアンプを手ごろな価格で作ることを目標にハイクオリティなアンプを製作しています。

ZT Ampのギターアンプ おすすめのモデル

ZT Amp Lunchbox Jr.

ZT Amp Lunchbox Jr.は「ZT Amp」を代表する人気モデルです。

レンジの広いダイナミックなサウンドを生み出します。

DC12V電源での動作にも対応しており、車のシガーソケットからの電力供給でも動作します。

超小型ながらハイクオリティなビンテージサウンドでギタリストの間で大きな話題になりました。

ZT Amp Custom Shop Lee Ranaldo Club Amp

ZT Amp Custom Shop Lee Ranaldo Club AmpはSonic YouthのギタリストLee Ranaldo氏のシグネチャーモデルのギターアンプです。

パワフルで図太いクリーンサウンドが特徴です。

リバーブエフェクトやエフェクトループを搭載し、シンプルな構造ながら幅広いサウンドを生み出します。

また、ラインアウトを搭載しPAシステムに直接サウンドを送ることも可能です。

ZT Amp Custom Shop Jazz Club Amp

ZT Amp Custom Shop Jazz Club Ampは220wの高出力を持ち、極上のクリーントーンを生み出すギターアンプです。

透明感のあるサウンドと幅広いレンジが特徴です。

12インチスピーカーを搭載しながらもコンパクトに設計されており、重量も11㎏と軽量な点も魅力です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ZT Amp」のギターアンプは常識を覆したスペックとサウンドで、大きな話題になりました。

高いクオリティのサウンドで、プレイヤーの創造性を引き出してくれます

自宅での練習ではもちろん、爆音でライブでも大活躍します。

ぜひ「ZT Amp」のアンプを試してみてください。